一括返済は勝手に行えない?プロミスに利息を聞いてから

利息を考えると借り入れをしている期間は短いに越したことはありません。
余裕があればもしくは少しがんばれば一括返済ができそうなのであればそれも得策であると言えるはずです。

全額返済とはいっても借り入れ金額だけを返済すればいいわけではありません。
日割りで計算される利息がありますので、借入期間が一日延びることによって利息の金額が一日分加算されることになります。
一括返済をするときにはプロミスコールに連絡をしましょう。
全額返済をする日程を伝えると利息を含めた金額を教えてもらうことになります。
インターネットの会員サービスからも確認することができ全額返済をすることもできます。

端数が発生した時にはその金額は支払わなくても金利が発生しない督促もない金額とはなります。
例えば借入残高が1、300円となっているときには1、000円の返済でもよいということです。
しかしそれではやはりさっぱりしないでしょう。
1、300円が借入残高となっているときには2、000円の返済で一括返済としてもかまいません。
硬貨の取り扱いができませんのでそれもまた致し方の無いことです。
しかしこの余計に支払った金額はプロミスから返金されることになります。
銀行振り込み、お客様サービスプラザ、次回利用時の借入残高から相殺、いずれかの方法となります。

一括で返済できる余裕が出てきたら考えてみましょう。
利息を少なくするだけではなく精神的な負担もなくなることになります。
http://www.tppmpsfortransparency.org/